さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

札幌市 洋食 煮込みハウス / アットホームな雰囲気の良店

 
妙なこだわり、変な美意識・整合性を好むELL。
B型だからなのだろうか?

 

煮込みハウス

今週は寒いというのもあったが 前記事のうどん亭のつながりとして

ここの「みそ煮込みうどん」を食べるつもりでいた。

 

でも 店に行って頼んだものは別のもの。
これもB型だから?


南区にあるこの店、行くのは10年ぶりくらい。

どうやら移転したようだ。全くの住宅街の中にある。
店の近くには 電柱に看板がある。

外観

あまりにも住宅街に溶け込んでいて 通り過ぎてしまった。

遠いけど店の写真。
住宅兼店舗である。

 
 
店の玄関で靴を脱ぐ。何ともアットホーム。



店はカウンター6席、テーブル席2つの小さな作り。
カウンターに座った。 

 

メニュー
焦って撮ってるから 全部写っていない。
ここの一番人気のミニッツステーキをオーダー。
オーダーの際、「にんにくれてもいいですか?」と聞かれた。
細かい 配慮も良い感じ。

 
ELL以外は 主婦の団体さんだった。
その人たちが頼んでいたハンバーグ。
見た瞬間、これにすれば良かったと激しく後悔。

 
遠くて分からないかもと思い 再度アップで。
すいません これが限界です。美味しそうなのが あまり伝わらないかも。


 


配膳

まずはサラダが来た。

かんきつ系のフルーツも入っていて さっぱりしている。

 
置いてあった。わんこの箸置き。
まさか 後でこれを使うとは思ってもいなかった。
他はコースなので ナイフ、フォーク、スプーン、スープ用の
スプーンが置いてあった。

 
サラダを食べた後、携帯を眺めていると・・・・・
何かが運ばれてきた。

 

スープだろう …え?
ミニラーメン。懐かしい味だった。



メインのステーキを焼いているところ。

フランべしているところに間に合わなかった(笑)

 

カウンタの前で焼いている。
目の前でハンバーグを食べていた方に 
ソースが足りなくなっているのを見て
手を伸ばして ソースを追加してあげてた。
いい雰囲気である。



ステーキのソースを見ていると ソースに マスタードを溶かし入れていた。

これがステーキ。
柔らかくて美味しかった。 ソースも美味。



デザート。



中に胡桃か何かが砕いて入れてあり美味しかった。
奥はスティック状のチーズケーキ。


これを団体さんのところには テーブルにいってから 

それぞれの皿に取り分けていた。



お会計をした後も、名刺をくれて マスター、奥さんとも

凄く柔らかくて丁寧な対応をしてくれた。

 

応援したくなっちゃう感じ。
でも知っている人は知っている店だから ELLが応援しなくても
充分繁盛している。


女性は多分 こういう雰囲気は嫌いじゃないと思う。 


最後店を出た後に 反対側から撮影。

道路に看板が出ているところがそうであるが やっぱり分かりにくい。

 

 

 


   

広告