さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

札幌 ラーメン 麺屋 CHICHI

先日 お気に入り登録させていただいているHiloさんがアップしていた店。
昔あったチェーン店の麺蔵の流れをくむ店らしい。
本店が支店を出店したのか フランチャイズなのか不明。



立地条件としては悪くない。

栄町から琴似に抜ける道沿いにあり交通量も多く 北光線も近い。
りんごハウス系列の 格安スーパーも隣接、
近所に競合するラーメン屋もなく 繁盛する要素のある場所。




夕方行くと この状態。

店内の照明は付いている様子だが 外が暗過ぎ(照明付け忘れ?)
やっているのかやっていないのか良く分からない。

 

中に入ってみると 夕方のゴールデンタイムなのに 客は無し。
店内は それなりに清潔感はあるが 無駄に広い店内が気になる。


メニュー。
味噌は 赤味噌・白味噌・焼味噌・辛系と豊富。
ガッツ盛りと言うのは 大盛りの上との事。







 

薄暗い店内で あまり写真が撮れない。

 

チャーシューは2種類。



メンマ

 
 



この店は何処を目指しているのだろう。
味的にはいたって普通、不味いわけではない。
ラーメン共和国に出店経験もあるらしい。

 

ネットを見るとファンもかなりいる様子。
しかし ここは客がいない。



もともと暖龍だった この箱の大きさに疑問を感じる。

この大きさの店舗なら ファミリーユース路線を目指すべきなような気がする。
しかしながら 薄暗い店舗や、品数は多いものの ほぼラーメンに特化した
メニューは少しオシャレな生粋のラーメン屋をやりたいのだろう。


この大きさの店舗で 出店効果を狙うには ネームバリュー不足。

もう少し小さな店舗を探すべきだったのではないだろうか。
今は旬を過ぎてしまった 山頭火の経営元「アブアウト」。

 

あの当時の勢いがあれば この規模の大きさでもマッチしていたかもしれない。
他に ツルハ等の様に スクラップ&ビルドと言う手もある。
しかしラーメン屋にその償却費を負担できる 資本・体力があるとは考え難い。


フランチャイズと言うことでも店舗維持費、ロイアリティ倒れになるのが

目に見えている。
 

どうしても この店舗で開店、成功したいのならば
もう少し店内を明るくして 子供でも楽しめる様な店内、
ラーメンに特化せず いろいろなメニューを揃えるべきなのではないだろうか?


ただ ラーメン屋としての プライドがそれを許さないのだろう。

このままだと ELLは撤退すると見た。
 
  ※ 今日のELL、いつもと違うくな~い? ↗



    お店情報   麺屋 おっぱい

    住  所   東区北42条東9丁目1-5

広告