さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

回らない寿司食べたよ

「高級そうな店」 「アダルトな店」 日中は とても入りにくい。 

  
ELLの好きな釣りの話になって申し訳ないが、 
魚の活性は 暗い時の方が高い。 
日中水底に潜んでいた魚は 暗くなってくると 警戒心が解け
水面で捕食活動をする。 
   
人間も同じなのだろう。 
夜の帳が下りると こういった店にも何故か入りやすくなる。 

     
明るい時間には隠れていた本能が 夜になると暴れ出す。 
ここに写っている サラリーマン達は 「食」 「性」
どちらの 本能を満たそうしているのだろう? 

    
ある夜 本能を満たすため ほんの少しの勇気を持ってここに居た。
ここで獲物を求めて 捕食活動・・・・ 

  
じゃなくて ここ(笑) 

  
そう 江別タイガースさんの行きつけ  琴似の 「初め寿司」 
回らない寿司、 しかも外から中の状況が見えない寿司屋なんて
とっても入りにくい。 
以前に 店の前まで来たが勇気が出なくて引き返した覚えがある。
 
   
ここの寿司が安い事は 江別タイガースさんのブログで知っていた。
 それでも 敷居は高いものだ。 (店主が目の前にいるから これが隠しどりの精一杯) 

     
店内はELLのみ。 
「並みで」と注文した。
  
緊張する~ 
回らない寿司屋なんて 身の丈じゃない。   
   
ガリが置かれた。 
「えっ そこに置くんだ」 
器が出て来るのかと思っていたが ショーケースの前の 木の板の上に置かれた。 
   
そしてガリの横に 握られた寿司がどんどん置かれていく。 
 
   いつの間にか 汁ものが・・・・ 
江別タイガースさんの言っていた おかみさんだ。 
本当に パンチ・・・ いや何でもないです。 

    
あれ? 何個出てくるんだ? 
本当に 並みの1200円? 
このネタのレベルなら 5つぐらいでも 値段相当だと思うんだけど・・・・  
 
   
結局 9カンも出てきた。 
安すぎ、美味すぎ。 
    
おかみさんに 「インターネットで 見て来ました、美味しいですね~」と言うと
  おかみさんが 「あら? そう?」と 笑顔。
 
「江別から来ている人 お客さんでいますよね?」と 聞くと 
「いっつも 会社の人と来てくれるの。 並みで充分美味しいって 
書いてあったでしょ」 と言ってた。
 
江別タイガースさんがどんな人かいろいろ聞きたかったけど 
お逢いする時の楽しみに あえて聞かなかった。
   
江別タイガースさん、流石 良い店知ってる。 
ここは必ずリピートしたい店。
 
いずれ 江別タイガースさんにも逢えるかな? 
ただ 江別タイガースさん、ELLを破廉恥な店に連れて行かないでくださいね(笑)  
 
 
初め寿司
〒063-0811 北海道札幌市西区琴似一条1-6-1

広告