さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

札幌市 毘沙門キッチン(閉店)/ 口に合わないものを がっつり食べた。

  

食べログ 

こう言った本を 眺める事はあっても 買う事は無い。  
食べ歩きの参考は ブロガーさん記事だったり、 食べログだったり・・・ 
    
ブログや食べログは 時に悪質な事が書いてある。  
書かれる側としては ブログや食べログ大嫌いと言う方が多い。 
今回アップする店は 食べログ 「掲載保留」 となっていた。
  
その理由は そういった事も関係するのだろうか? 
   
さて本題。  
今回は悪質な事を書いた記事。
   
 
HILOさんの記事を見て 爆盛り系のラーメンを食べたくなった。
で チョイスしたのがここ。  
 

毘沙門 

西野から 手稲駅付近に移転してきた。  
  
ゆで卵が小さく見える爆盛りラーメンが目当て 
チャレンジラーメンで ○○分以内に食べたら 無料になるとか。
ELLはラーメンはスープを飲まないので 普通に料金を払って食べる予定だった。
 
 
小奇麗な 店内に入ると 若い店員さんが沢山。  
ホールの女性が 2人も居た。  
店員さんの多さから それなりに客は入っていると思われる。
 
メニュー 
この料金設定が人気の秘密? それとも美味しいのか? 
  
残念ながら チャレンジメニューは無くなっていた。 
 
それで ザンギ定食と 手焼き味噌ラーメンのハーフをオーダー。 
 
配膳
本来は ザンギ定食に 味噌汁が付く。  
事前に 「味噌汁も付けますか?」と店員に確認され 遠慮した為 味噌汁なし。  
 
ハーフでも 普通の店ぐらいの大きさはあると思う。  
生姜が乗っている。  
  
激しく美味しくない。  
あっさり系のスープと言うより 味気ない。 
生姜を混ぜれば なんとかなると思ったら 生姜に味を支配されてしまった。 
   
気を取り直して ザンギ。 
ザンギと言えば 生姜とニンニクが効いているのが好み。  
  
これも味気なく マヨネーズが無ければ 食べられなかったかも。 
  
久々に 口に合わないものを食べた。 
がっかりして 店を出た。 
   
幸せ見つけ上手な HILOさんの様に 
あえて 良い所を見つけるとすれば メニューが豊富。 
HPにて 確認してほしいが メニューの名前も 面白い。
  
「40歳までのお子様プレート」 なんて 凄い興味ある        

  
あくまで 科学調味料で麻痺した舌を持つELLの好み。 
これを好きな人が居るから それなりに客が入っているんだと思う。
でもラーメン食べている人居なかったな・・・
  
明日の記事は 「太り放題システム導入」
 
 
     お  店    毘沙門キッチン
     住  所    手稲区前田4条10丁目3-2   
 

広告