さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

北海道 小樽市 蕎麦屋・藪半 / 蕎麦屋で大人飲みデビュー

小樽飲み 

若かりし頃の 「小樽飲み」 お決まりコース。 
  • 1次会    居酒屋 or 焼肉
  • 2次会    オネエちゃんの居る店。
  • 3次会    ラーメン
  • そして    友達の家にお泊り。 
  
小樽飲みデビューして20年経った今、 
1次会に焼肉のチョイスは少なくなり、3次会のラーメンもほぼ無くなった。
 独身の友人も居なくなり 泊まる場所も無くなった。 
   
帰らなければならないので おたる駅前周辺のあの店へ。 
あそこなら それほど長居する事もないだろう。
 
そして 憧れるシュチュエーション。 
小樽で有名なあの店・・・・・・ 
   

蕎麦屋 藪半

外観 
 
   
店内
「蕎麦屋で日本酒を愉しむ」 
これをやってみたかったのだ。 
 
メニュー 
文庫本の様なメニュー。 はっきり言って食べる物が探しにくい。 
「蕎麦屋で日本酒を愉しむ」 イメージ的には冷たい蕎麦。 
でも ニシン蕎麦が魅力で それにした。 
  
とりわさも オーダー。 
   
配膳
日本酒がやってきた。 
アテは 味噌ピー。  これは意外だった。 
   
とりわさなんて 普通頼まない。 
でも酒飲みを気取ってみたくて。(もう十分?) 
   
自分でおろす手間も楽しい。 
   
見づらいと思っていたこのメニュー。 
蕎麦が配膳されるまで眺めていたが 次第に真剣に読み出した。
 実に面白い。 
   
へ~ 長崎屋に入る計画もあったんだ~ 
でも それを 一蹴するなんて 粋だね~ 
   
「蕎麦屋で日本酒を愉しむ」について指南してくれてる。
 「ひとりで行って 店のど真ん中じゃなく 端で楽しむべし」
 の様な事が沢山書いてある。
 
この日やっている事を肯定してくれてる様で嬉しい。 
  
色々 通な蕎麦の 食べ方についても書いてあった。 
  
配膳まで結構時間がかかったが メニューを読んでいたので気にならなかった。  
   
別皿なんだね。 
   
半分だけインして楽しんだ。 
後は そのまま お酒のアテに。 
   
蕎麦については あんまり分からない。 
駅蕎麦でも 良い様な気がする (笑) 
   
雰囲気が良く「蕎麦屋で日本酒を愉しむ」デビューがこの店で良かった。 
   
蕎麦屋を 後にして ちょっと心残り。 
寿司や さしみを食べたい。 
右折して 賑やかな方向に行きたかったが 大人しく駅前方面へ。 
  
小樽駅構内の 寿司屋も覗くが 遅かった。 
 
楽しかったが 色々心残りな旅だった。
                             

小樽・蕎麦屋・籔半
〒047-0032 北海道小樽市稲穂2-19-14
1,700円(平均)1,700円(ランチ平均)

 

広告