さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

北海道 小樽市 星の庵 風の色   / 店主はCMに出ていた人

よそうがい小樽シリーズ
カボチャ物は大好きだ。 
 
   
さて本題。 
 
 
蕎麦を食べて悪友と離れた後。 

www.ellelo.work

    

どうしても行きたい店があったのだ。 
嵐山新地まで戻る (これ昼間の画像) 
   

星の庵 風の色  

その店が閉まるのは 0時。 
すでに その5分前。 
 
  
表に傘が置いてあったり、
店の入口にはアンティークなミシンがディスプレイされてたり  
雰囲気のある店を期待させる。 
   
ダメモトで突入。 
作務衣を着た店主は快く迎え入れてくれた。 
   
店主は 広告や雑誌のライターをしていて CMにも出たことがある人。 
この道銀の宝くじ付き定期のポスターの人は店主。 
 
店内  
高飛車な方を予想していたが 予想外にとても物腰の柔らかい人。 
   
ここのホッピーは三冷(グラス、アルコール、ソーダをキンキンに冷やす)
で出してくれる。
 
  ※ ホッピーとは  
      ビールが高嶺の花の頃 ビールの代用品だった物。 
      アルコールがそれほど入っていない為
      焼酎で割って飲むのが一般的。 
   
海賊ホッピーにした。 冷え冷えだ。 
   
お通し。 
   
閉店時間を過ぎていたので 手間のかからないものをオーダーする事にした。 
  
限定のチャンジャ。 
店主が勧めるだけあって絶品。 
   
2杯目 チャンジャに合うものをと選んでもらった
「木浦の雫」のトウモロコシ茶割。 
とても優しい味わいで チャンジャの攻撃的な味に合う。 
 
 
メニュー  
他にも楽しそうなメニューが沢山。 
   
大江戸3点セットのひとつ。 
隣の人が食べていた 「風呂でいただく湯豆腐」 
この大きな木製の物がそれ、炭を使って湯豆腐にするらしい。 
   
中に河童が居るぐい呑、 他にも店内には面白い物が沢山。 
ここは店主のコダワリを聞きながらオーダーを決めると 凄い楽しいと思う。 
とても良い酒の時間を過ごせた。 
 

星の庵 風の色
〒047-0024 北海道小樽市花園1-8-20
2,000円(平均)
r.gnavi.co.jp

 
            
そして ホテル方面へ。 

     
 
方面と書いたのは もう1軒行く予定。  
この日 まだビールを飲んでいないかったのだ。  
あの絶品の 3度注ぎビール を飲みたい。 
でも閉まってる?       
  
しょうがないので大人しく帰る。 
すぐに爆睡。 やはり坂道を歩いて 疲れていたんだろう。 
  
次の朝起きて びっくりな事が。 
この旅、一番予想外でショックな出来事。 
ELLの大事な○○○が機能しない・・・・・・
 

広告