さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

北海道 占冠村 トマム雲海テラス / 新施設 初公開日

降水確率80%のアキタビシリーズ

オーベルジュポーラスターの朝食 

ある場所で 味も分からないほどのスピードで食べる事となった。
 
前記事では行かないフリをしていたが 2日目の最初の予定はここだったのだ。
 

雲海テラス

雲海テラスで 日の出を見ようかと。
 
  
 ここは2回目の訪問。 
日の出は5時7分。 
駐車場で暗い中で食事をして ゆっくりしてから乗り込もうとしていた。 
    
物好きな人数人しか居ないだろうと思っていたら 
人で満載のバスがどんどんやってきた。 
慌てて食事をして行列に並んだ。 
    
この日が新施設の実質初公開日
思えば前日、ある施設の初公開日だったのに営業中止。 
   
実質 この日が 公開初日だったのだ。 
   
当然相乗りとなった。 
   
残念な事に もうすっかり明るい。 
   
ただこの天候だから 太陽は見えなかったのかも。 
    
到着。 
   
5年前の最初の時は綺麗に雲海が見えたが 今回は雲の中だ。 
 
   
こんな状態でも もの凄い人。 
   
以前は無かったものがどんどん出来ている。 
   
雲海露天風呂
こちらは9月限定らしい。 
営業時間は16:00~19:00 
1日1組のみの受付 1組で30,000円だとか。 
   
新施設の方に向かう。 
雲の中を歩くのも雰囲気がある。 
   
おっ あれが 新施設だ。 
    
クラウドウォーク
これも初めて見る。 

  
    
新施設はゴンドラの降り場より少し高い所にある。 
結構な坂で トレッキングシューズが役にたった。
   
スカイウェッジ
残念ながら何も見えない。 
 
コンターベンチ  
この日初披露目の施設のひとつ 
斜面に設置されたベンチに座りながら絶景を見る事が出来る。 
   
歓声があがった  
少しだけ太陽が顔を出したのだ。 
  
クラウドプール 
そしてもう一つの新施設 
   
雲の中を泳いでいる感覚? 
   
トレッキングシューズを脱ぐのが面倒なので見るだけにした。 
     
この施設は 簡単に脱ぎ捨てる事の出来る 
この斬新なスタイルの方が合っているのかもしれない。
  (この斬新なスタイルになった経緯は上記リンク記事で) 
    
ただ ここに汚いサンダルが置いてあるのはどうだろう? 
   
1人で来ている5本指ソックスの男が 
網の上ではしゃいでいるのはどうだろう?(笑) 
   
ゴンドラ方向へ戻る。 
坂を下りる方が体力を使う。 
    
そう言えば券売機から出てきた紙チケットを係員に渡すと
こんなかわいいチケットと交換してくれた。 
ゴンドラ料金は上がったが(1800円→1900円)
飽きさせない工夫が沢山ある。 
   
今回はカフェを利用せずに下山。 
   
帰りは 1人で乗せてくれた。 
   
標高が下がってくると 霧が晴れてきた。 
 
 ようやくタワーが見えてきた。 
やっぱり何かが見えるとテンションが上がる。 
   
ここに来て雲海を見る事が出来る確率は 40%だとか。 
  
この日は綺麗な雲海を見る事が出来なかった。 
 
 でも満足している。 
 
  斬新なスタイルじゃない格好で来ることが出来たから。 
 

広告