さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

札幌 スープカレー KING / スープカレーのブーム

 

木村洋二

大泉洋のおかげで 道外でも知名度アップ?

f:id:ellelo:20190630204508j:plain

 

 

さて本題。

この店も札幌中心部に進出してきた店。

店の紹介の他 スープカレーブームについてを。

  

スープカレー キング

本店は南平岸駅から少し歩く場所にあり

遠いからなかなか行けないでいた。

ここは狸小路からすぐなので行きやすい。

f:id:ellelo:20190630214631j:plain

 

メニュー

 チキン野菜に決定。

f:id:ellelo:20190702114912j:plain

 

f:id:ellelo:20190702115012j:plain

 

辛さにはお金をかけたくない。

料金のかからないギリギリの辛さを。

f:id:ellelo:20190702115046j:plain

 

カレーにラッシーの組合せを頼む人が多いが

ELLはラッシーの美味しさがイマイチ分からない。

400円出すなら +100円でビールをオーダーする。

f:id:ellelo:20190702115142j:plain

 

このトッピングのネームセンス めんこい(笑)

f:id:ellelo:20190702115259j:plain

 

配膳

黄色が強いスープが特徴的。

f:id:ellelo:20190702115543j:plain

 

f:id:ellelo:20190702115516j:plain

 

ここのカレーも無難に好きなタイプ。

突出した特徴は無く万人受けするカレーだと思われる。

f:id:ellelo:20190702115612j:plain

 

周辺のスープカレー屋

あまり行こうと思わない店

大通周辺だと 

GARAKU 余りの込み具合に一度で良いと思った。

S      スープがサラサラ過ぎて自分にはNG

suage   具を串に刺しているのは食べやすいがもっと豪快に食べたい 

f:id:ellelo:20190702114338j:plain

 

行きたくなる店

SAMURAI  スープカレー自体はもちろん メニュー構成が◎

KING    訪問2回目ではあるが好みの味だと感じている     

 

そして過去記事のこの店

最初 有名人が出した店と期待していなかったが いつも満足させられる。

www.ellelo.work

 

中心部に進出するスープカレー屋

前記事の奥芝商店

そしてこの記事のKING

上記のS 人気の人気のSOULSTORE

等が街中に進出、個人的には行きやすくなって大歓迎だ。

f:id:ellelo:20190702121026j:plain

 

店によってはより集客効果のある中心部へ店を出したいのは当然の事

辛くて鼻水が出るのは当然の事(笑) たいていティッシュ無しでは食べられない

f:id:ellelo:20190702121240j:plain

 

中心部に進出してきた店は いずれも人気店。

中心部に出店するの財力と勝算があるんだと思う。

ただ最近 中心部に進出する店を見て思う事がある。

f:id:ellelo:20190702121503j:plain

 

郊外店舗のみでは採算が採れない?

あくまで推測ではあるが カレーブームが過ぎ 

スープカレーだけを目的に郊外まで行く客が少なくなった為

中心部に進出する必要があるのでは?と思っている。 

f:id:ellelo:20190702121704j:plain

 

スープカレーを食べているのはごく一部の人

以前はスープカレーの店を紹介した本「カレー三昧」が

コンビニ店頭に並んでいたが今は見かける事は無い。

 

すでにスープカレーブームの終息なのではと感じている。

決して ブームが落ち着いたとか市民権を得たではなく終息。

 

何故なら 札幌市民にはスープカレー未経験の人が沢山居る。

スープカレーを食べ歩くのは 好きな人と観光客だけ? 

f:id:ellelo:20190702122223j:plain

  

SOUP CURRY KING セントラル

食べログ SOUP CURRY KING セントラル

  • ジャンル:スープカレー
  • 住所: 札幌市中央区南2条西3丁目13-4 カタオカビル B1
  • このお店を含むブログを見る |
  • (写真提供:カンナカムイ)
  • をぐるなびで見る |

 

次記事の告知

最後のスープカレー記事の前に 一つ別な記事を挟みます。

広告