さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

札幌市 ラーメン てら / 移転した独自路線の二郎系?

 

ランチにあらとん 夜にこの店

なんとこの日は 太麺デー(笑)  

www.ellelo.work

    

移転したと聞いていた

JR琴似駅すぐの好立地だったから 後に何が入ったか見に行ったら

建物自体が無くなっていた。

f:id:ellelo:20191022190623j:plain

 

てらの過去記事

6つの過去記事があったが まだ半分のみしか移行出来ていない。 

www.ellelo.work

  

らーめん てら

外観

旧店舗からそれほど離れていない所に店舗がある。

f:id:ellelo:20191022191314j:plain

 

ここの一品を食べると その後予定を入れられない

その為に 夕方までに用事を済ませ 夕方の部が始まってから再訪問。

f:id:ellelo:20191022191518j:plain

 

券売機

太い麺シリーズに相応しい 極太にんにく醤油+大盛

f:id:ellelo:20191022191712j:plain


そしてトッピングは 全マシマシ

f:id:ellelo:20191022193617j:plain

 

店内

旧店舗同様の 細長くカウンターだけの造り。

f:id:ellelo:20191022193917j:plain

 

配膳

f:id:ellelo:20191022194041j:plain

 

カリフラワーの様に見えるのがニンニク。

この量だから この後は予定を入れない方が賢明。

f:id:ellelo:20191022194112j:plain

 

昔はそのまま食べていた。

今は二郎を愛するジロリアンがやる様に天地返しをしている。

こうする事により 最初モヤシばかり食べさせられる事は無い。

f:id:ellelo:20191022194321j:plain

 

www.ellelo.work

  
見た目も凶暴だが 匂いも凶暴(笑)

f:id:ellelo:20191022194643j:plain

 

この店は 札幌に二郎が進出してくる前からあり

当時よく二郎インスパイアと言われたが別物、

個人的にはこちらの方が好み。

f:id:ellelo:20191022194911j:plain

 

毎回そうだが これを食べると

満腹中枢ではなく 手がやられる。

麺が太く それを引きずり出すのに 手が疲れるのだ。 

f:id:ellelo:20191022195032j:plain

 

らーめん てら
〒063-0811 北海道札幌市西区琴似1-1-7-26
800円(平均)

 

さて次記事は太麺シリーズ最後

高級路線!!

あの2条市場近くにあった店を思い出した。

 

 

広告