さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

SA ATLANTIC SALMON SHORT SINGLE HAND SH-5/6 / フライ用ライン購入

フライフィッシングのマニアックな記事です。

 

フライのライン

片手で取り扱うシングルハンド 

フライを始めた時は フライ初心者セットを購入。

片手で取り扱うシングルハンドのセットだった。

f:id:ellelo:20201004215654j:plain

 

初心者セットにはフローティングライン(浮かぶライン)が付いている。 

f:id:ellelo:20201004220012j:plain

 

一度だけ沈むラインを買ってみた事がある。

しかし竿と合っていなくお蔵入り

川で使うのはフローティングライン。

f:id:ellelo:20201004220825j:plain

 

初心者には難しすぎるラインの選択

フライフィッシングって色々なラインがある。

竿とのバランスが合っていなければ 飛ばなかったり折れてしまったり。  

f:id:ellelo:20201004211707j:plain

 

ラインは主に次の要因で決める。

  • キャスティング方法
  • ラインの重さ
  • 浮かぶもの 沈むもの

さらには沈むものでも どれくらいのスピードで沈下するかも種類がある。 

f:id:ellelo:20201004211858j:plain

 

ダブルハンド用のライン

7年前 両手で握るダブルハンドに手を出した。

この時はただ遠くに飛ばしたいだけで購入。

やった事が無いから キャスティングの種類も分からず

ラインは釣り具屋さんにセレクトを依頼。 

www.ellelo.work

 

その数年後には

こういうキャスティングがしたいと言うスタイルが決まっていた。

朱鞠内湖&支笏湖に合わせた少しだけ沈むタイプを購入。 

www.ellelo.work

 

沈むタイプ

魚が活発な時期は水面や水上に飛んでいる虫を捕食する事が多い。

しかしそれ以外の季節や 小魚が捕食対象の時は水中にフライを置く必要がある。

www.ellelo.work

 

シングルハンドでの ウェットフライが自分のスタイル。

重りを入れていないので水面直下を流れる。 

もっと沈めれば 釣れるのかも。

www.ellelo.work

 

それで沈めるラインを購入。

f:id:ellelo:20201004223852j:plain

 

 

ATLANTIC SALMON SHORT SINGLE HAND SH-5/6購入

まずは箱に書いてある事を説明

SH5/6

SH5/6と言うのは 5番や6番の竿用(数字が大きくなれば大きい魚狙い)

今メインで使っているのは5番のロッド。

f:id:ellelo:20201004223947j:plain


I

Iとはインタミエディテイト、俗に言うインタミライン。

ちょっとだけ沈めるライン。

その次に沈めたい時はこの貼り付けたS1/S2

 ELLの場合は沈み過ぎるとキャスティングが難しくなるのでインタミにしている。

 

CI

大抵のフライラインは色が付いている。

でも魚に悟られない様に 色を付けていないもの。

この先にリーダーと呼ばれる テグスを付けてフライを結ぶ。

だからCIによって フライからの透明な部分がより長くなる。

f:id:ellelo:20201004225128j:plain

 

22.5FT-6.9m

最初に紹介したラインは30メートルぐらいある。

このラインは 飛距離を伸ばすことに特化している為6.9mしかない。

その為シューティングラインと言うものが必要になる。

f:id:ellelo:20201004225438j:plain

 

今回の費用は 11,761円

さらにリールに一番近い所にバッキングラインが必要となるらしい。

左から

アトランティックサーモン        7,821円

シューティングライン          2,640円

そして バッキングライン(50Y×2〉     1,300円 

なんともお金がかかる趣味だ。   

f:id:ellelo:20201004230231j:plain

 

そしてリールに… 

続きは明後日

グルメ目的の訪問者が多いと思うので マニアックな記事は連続アップしていない

f:id:ellelo:20201004230944j:plain

 

広告