さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

北海道 渚滑川の釣り 20211002 PM / 濁りの中イチビ

紅葉を愛でるアキタビシリーズ

 

渚滑川の釣り 20211002 PM

この日の状況

釣りのベストシーズンはとっくに過ぎている。

釣りブログを見あさっていたが 10月になるとかなり厳しい状況。

なおかつ悪天候(ただこの天気は当日に好転) 

f:id:ellelo:20211022003257p:plain

 

渚滑川だよりで見ると

  • 雨はあまり降ってこない
  • 濁りは全くない

f:id:ellelo:20211022003304j:plain

 

渚滑川だよりがアップされた時間では濁っていなかったのだろう

午前中に降っただろう雨で濁ってしまっている。

f:id:ellelo:20211021221210j:plain

 

この釣行の狙い

【スイッチロッドでの本流トラウト30㎝超】が目的の為 これしか使わない。

いつもの場所では川幅が狭い。

今回はスイッチロッドの飛距離に合った川幅のある下流に行こう。

www.ellelo.work

 

目的の橋に来て駐車場に行く前に 橋の上から覗く。

下流なら…と思ったがやはり濁っている。

覗いている時に熊鈴の音色が聞こえた、釣り人が橋の下を歩いている。

f:id:ellelo:20211021221215j:plain

 

情報交換

駐車場で準備をしていると 先ほどの釣人が上がってきた。

ルアーアングラーでなんと女性お一人様だった。

f:id:ellelo:20211022005321j:plain

 

濁りが強くなってきたのでもうダメかなと思って帰るとの事。

釣果を聞くと「10時ぐらいに一尾」と

 「イチビ?」 変わった言い方だな~と思ってた。

f:id:ellelo:20211022005251j:plain

 

釣り開始

入水して間もなく 大きな赤い魚が足元を。

婚姻色を纏った鮭かサクラマスだろう。 

f:id:ellelo:20211022005301j:plain

 

でもそれ以降魚っけはない

でも落葉は釣れまくる修行僧の様な釣り。

f:id:ellelo:20211022005312j:plain

 

いつもは重たい流れの中の3本目の足となり大活躍のこれ。

濁った川でも大活躍、

これが無ければ 濁って見えなく急深な場所に入ってずぶ濡れになっていた。

www.ellelo.work

 

移動

あまりにも釣れないから

いつもの場所へ。

f:id:ellelo:20211022005330j:plain

 

川幅が狭いからスイッチロッドには不似合い。

調整してキャスティングしないと向こう岸を釣ってしまう。

f:id:ellelo:20211022005406j:plain

 

なんとかイチビ。

ただしスイッチロッドには可愛すぎる20㎝程度のニジマス。

f:id:ellelo:20211021221236j:plain

 

再移動

濁りが若干取れてきた様な気がしたので

夕暮れの時間は最初のスイッチロッドに合った場所に戻った。

f:id:ellelo:20211021221554j:plain

 

しかし何のコンタクトもないまま終了。

この濁りではイチビでも上出来か?

f:id:ellelo:20211021221603j:plain

広告