さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

北海道 美瑛町 青い池 ブルーリバー橋 / ラベンダー畑より絶景かも

前記事まで

どうでした?  
前記事「Let's get going」の 前振りからの「BLUE」3部作。
当初はもう少し、綺麗に お洒落に仕上げるつもりでした。


携帯電話での撮影と 撮影時のコンディション(曇天、雨)

の関係でちょっと残念な画像、

それに伴い、モチベーション低下、低クォリティーに。



ELLは美瑛在住経験がある。

でも「青い川」を知ったのは数年前。
温泉の成分が入って 神秘的な青色になる川と池を見てみたい。
いつかは行こうと思っていた。
 
美瑛方面は これから観光のピークを迎える、当然渋滞が予想される。
レンタカーも7月に入ってからは ハイシーズンとして割高になる。
 
一方、ELLの釣りの方は 川の水温が低く イマイチ。
今週の休みはどうしようと思った時に 「天気も悪くない」と
急遽2日前に美瑛行きが決定。

 

当日は悪天候

しかし旭川市内に前泊して 朝起きると雨の音。

それでも「雨が空気中のチリを落としてくれ いい写真が撮れるかも」
と前向きに出発。


40分後、美瑛到着。
そこから白金温泉へ向かう。 

その道中、やっぱり雨が止まない・・ちょっと憂鬱
そこで「Blue?」の記事を携帯からアップ。 

青い池の場所

白金インフォメーションセンターを過ぎ 

しばらくすると工事現場の入口。
駐車スペースがあり そこから徒歩5分と聞いていた。

 

左手にタカハタ建設と看板が立っていた場所があって
「ここ?」って思ったが不安に思い そのまま進み
結局 白金温泉まで来てしまった。

  

ブルーリバー橋からの眺め

美瑛ハーフマラソンで益田明美も泊った「パークヒルズ」の

すぐ裏に橋がある。通称「ブルーリバー橋」

このホテルに泊ったことはあるが橋まで行ったことがなかった。
これが橋からみた風景。
写メで撮ったのと撮影テクのせいで残念な画像になっている。 
でも実物を見ると「うわ~ マジで青い」と感激。

 

橋の上流側には「白ひげの滝」

 
その下流側には 森の中を流れる青い川


「何で この川の存在を知らなかったんだろう」と激しく後悔。
そして「青い池」を求めて 今来た道を戻った。


青い池

先程の気になった場所に車を止めた。

小さな車止めのゲートがあり そのすぐ傍に


やっぱりここだった。 
道の途中にも看板がある。 「ですぅ~」って(笑)


雨は何とかあがった。

早朝なので誰もいない。熊が怖いので恐る恐る砂利道を進む。
「クマに会えますように」って無邪気に言うまりもさんは凄い。


道路は開けているが 山道なので 虫もいる。

持ってきた 虫よけも役に立った。

5分ぐらい歩いたら池が見えた。


これは 美瑛川を砂防ダムで堰きとめた際に出来た人工的な池。

水辺までに開けた場所が何か所もあり撮影はしやすい。
でも「曇天」「水面に浮遊物」「雨による濁り」で 
イマイチ感動に欠ける。 
美瑛川

そして もう少し道を進むと 美瑛川と 砂防ダムが見えてくる。

ここが一番、青が濃い。


ずーっと見ていたい神秘的な色。

自分のセンスと携帯カメラしかないのを 激しく後悔。
それでも 沢山写真を撮っていた。
でも残念ながら また雨が降ってきたので 車に戻ることに。


途中、道で数人の観光客とすれ違った。

そして車の所に行くと ご老人がいて話しかけられた。

 

「どのぐらい歩くのですか? 雨なのでどうしようと」と・・・
「見て絶対後悔しないと思いますよ」と勧めると
車から奥さんが出てきて相合傘で歩いて行った。

 長野から来たそうだが できれば青が綺麗な日に見てほしかった。

 
ラベンダー畑もいいですけど この青を探しに・・・絶対お勧めです。
とても 素敵な旅行でした。



ELLらしくない?
ちゃんと 今回の旅行では もぐもぐタイムもありますよ。

それは追々アップ。



とりあえずは 明日は ラーメン記事をアップ予定。 

そう、今回のラーメン記事は意味がある。

広告