さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

札幌市 カフェ 円山茶寮 (まるやまさりょう)/ 看板猫に触りたかった

きのこの美味しい季節になってきました(汗) 
   
昨日の「ふ~」の意味はやっぱり明日アップ、
もうすぐ「ホッ」とできる。
   
さて またカフェですよ。 
そして ELL弱りますよ~。
 

円山茶寮  

場所は円山、地下鉄東西線「西28丁目駅」辺り。 
この看板で分かったけど ちょっと分かりにくいかも 
(看板の後ろの建物ではない)  

 
店舗外観   
食べログの口コミの中に 
「雨の日に行って 天井に当たる雨の音を楽しみたい」
とか言うのがあったが 納得する雰囲気。 
   
入口前のテラス。 
ここを通った時に 猫がスッと現れて 何処かに消えていった。 
そう言えば ここ猫がいるって 聞いてた。 
  
店内
中も雰囲気がある。 
さっきの猫は 真ん中の椅子の上で寝ている。 
 

  
テーブルも なかなかの雰囲気。 
  
メニュー (一部) 
    
人間は 時として不思議な行動をする。 
何故、それをオーダーしたんだろう。 
あえて理由を挙げるとすれば 「その場のノリ」 
 
ここ漫画は沢山ある。 
雰囲気もお洒落とは違って 居心地が良い。 
夜遅くまでやっているので 漫画読破するのに利用できるかも。 
   
配膳 
抹茶ぜんざいアイスクリーム添え 1000円。 
   
男の店員が 多分何にも言わずに スッと置いて言った。 
聞こえなかっただけか? 
ブックオフの店員のように無駄に元気な挨拶は似合わないにしろ 
ちょっと違和感。
 
アイスと 抹茶が美味しそう。 
黒いのは・・・・・・ 

  
漬け物付き。 
  
あんこ❤ 
うわっ アイスが汚染されてる。 
   
ブレテいるのは あんこで弱ってるせいかも。 
   
ちょっとの あんこなら大丈夫だけど、多すぎる。 
  
この日の晩御飯、食べれなかった。 
トイレに行く時、猫はすやすやと寝ていた。 
猫、触りたかったな~
 
猫のノドを ゴロゴロさせてみたり
猫の肉球を押して 爪を出して楽しんだり
猫の耳を触って 耳をパタパタってしてみたり
猫の顔で 
「上~がり目、下~がり目、クルッと回って ニャンコの目~」
って やってみたり
猫の・・・・・・
猫の・・・
猫の・・
 
今度行った時(あんこは絶対食わん)、猫来てくれないかな~
 
 

円山茶寮
〒060-0824 北海道札幌市中央区北4西27-1-32
700円(平均)

 
 

広告