さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

北海道 小樽市 散策記事 201201 / 散策と言ってもお姉ちゃんの店に

おだちまくり小樽 「海鮮・酒・お姉ちゃん」シリーズ

 

前置き

この小樽シリーズ最初の記事で触れた「どどら」  
丸井今井近くの 「北キッチン」にあった。 
 
ブログネタの為に 買おうかなって思ったけど
あまりに凄すぎて 買えず。  
 
 撮影したけど怖くて ボケた。 
    
さて 本題。  
おだちまくり小樽 最終章。 
けだものも出るよ(笑)
    

小樽の繁華街 花園の様子

日本酒を楽しんだELLは お姉ちゃんの所に向かう。
   ※ ELL = ほろ酔い以上 泥酔未満 
  
雪で標識が分からん。  
しかま寿司、1回だけ行った事ある。 
ランチの海鮮丼がイマイチだったため 
寿司を食いたい気分だが時間が無い。 
   
札幌行きの汽車 最終は11時。
2時間も遊べない。 (この写真 結構好き)    
 
 お姉ちゃんの店には、 過去に 10回くらいは行った。 
この夏に 友人から お姉ちゃんのメアドを知らされた。 
 
お姉ちゃんから「ELLさんに メアド教えといて」と
依頼されたらしく「返信してやれよ」って言われてた。 
ELLは 返信せずに もう数カ月。
    ※ELL=恥ずかしがり屋   
  
今回は いきなり行ってビックリさせてやろうと言う魂胆。  
しかし ひとりで その店に行くのは初めて。  
   
小樽の飲み屋街は 小さな店がひしめきあっている感じ。  
すすきのとは違った 昭和な雰囲気。   
 
 
あっ 転んだ。 (殺されたみたいにも見える)  
でも この雪だから 柔らかい雪道、
転んで青タンを作る事は無いだろう。
     ※ 青タン = 青あざ   
 
 完全に迷った。  
寒いし 携帯の電源も少ないから 電話BOXから電話。  
店に電話すると いきなり行く計画が
台無しになってしまうので 数人の友人に電話、 
その中から捕まった友人に道を教えてもらった。
   数人の友人 = エロい 
   捕まった友人 = エロイ      
   
酔っていてこの道だから 歩くのもとろくさい。
  ※とろくさい = 動きがのろい  
どれだけの時間をロスしたのかも 覚えていない。  
   
でも ようやく着いた。 
 
  
やっと 温かい場所に。 
 
あっ 違った。 
ELLは意外とこう言う所行かない。        
   ※ ELL = エロイ & チョロい   
  ここでは ぺっぺ出来ないよ 
   ※へっぺ=解説は自粛しておきます
  

ようやく到着  

ここは 普通にパブ。 エロイ店では無い。   
  
1番乗りだった。  
 
しばらくして 後客、男性2名 
なんと 来る前は 「たかの」に行ってたとか 
 (見てないから ELLが迷子中に行ったと思われる) 
 
やはり 「たかの」は良い場所と言う事で
お店のお姉ちゃん方も含め全員一致。   
  
くじをやっていて これが当たった。   
     

札幌へ

楽しかったけど 最終に間に合うようにタクシーで 
いつものように南小樽駅へ。    
  
もうあの店には 迷うことなく ひとりで行ける。
    ※ 行ける = 多分 
  
帰りの汽車の中。  
ガラガラだったので 靴を脱いで足を伸ばし 
くつろぎモードで札幌へ。  
危うく乗過ごしそうになりながらも帰宅。  
 
おだちまくり小樽、パチンコで負けたが 
なまら楽しい旅だった。   
  

写真撮影

ところで  
ELLって 写真を撮られるのが大嫌い。 
 
歴代の中で一緒に撮った写真がない彼女もいるくらい
   ※ 写真のない彼女 ≠いきずりの女 
 
性犯罪か何かで逮捕されTVに顔写真が出る事があったら
高校の卒業アルバムの写真になるかも。 
それくらい自分の写真が無い。
    
お姉ちゃんの店を出る時に 
「写真一緒に撮って」と言われた。 
普通なら断る。
  
しかし その日は おだちまくりのELL、 
日本酒で良い気分になっていたのもある。  
なんとそれに応じた。
   
それどころか ELLのカメラでも撮って欲しいと依頼。 
それがこれ。   
 
お姉ちゃんは なぜか けだもの(もんちっち)
の格好をしてた。   
 
今 このアップする時間は おだっていません(笑) 
だから大幅カット。  
 
また おだちまくり小樽 やりたいと思う。 
   
でも おだっても ここは行きません。 
 
 

広告