さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

最後の記事

最後の記事

  
例年は「今年最後の記事」として 
ファン登録して頂いている方の名前を全て列挙して  
それぞれに コメントを添えていた。
  
今年は それをやめた、 
例年とは違う。
  
「今年最後の記事」 ではなく 「最後の記事」
 
 
 
 
つまりは この1700記事目が最後になり 以降 更新はしないつもり。
              
 
 
理由として・・・・・
  
 ① 反応
     現在 126名の方に お気に入り登録して頂いている。
     そのうち リアルにお逢いした方も含め 
      秋以降に 以下の様な 多数の方をブロックした。  
       反応 ・ 音沙汰の無い方 
       迷惑をかける方 
       コメに心を感じられない方 
       このブログ内容を こちらに内緒で パクル方。
       他・・・・   
    このブログでは 反応して頂いて 初めて感謝している。
     だから 前記事、言いかえれば 
                反応の無い方が見る事の出来る最後の記事では 
     「ありがとう」 とは書かなかった。    
    
    裏ブログも見ていただいている方なら分かると思うが 
     ブログは リアルな場所以上に 自分をさらけ出してしまう事もある
    とても危険な場所と認識している。 
    だからこそ、反応の無い訪問者が不気味だったりする。
 
 
     反応のある方だけに 見て頂きたいのが本音。  
     かと言って 全て「ファンのみ公開」記事にしても
     新たな繋がりを断ってしまう。
      いろいろ考えたが この結論は出ず。
  
 
 
② ブログの容量
     ブログには 画像の容量があり それを越えてしまうと 
               画像のアップが出来ない。
 
     このブログは ELLが味音痴で表現出来ない分、 
                沢山の画像を使って 魅力を伝えてきたつもり。
  
    その為 画像の容量によるブログの寿命を心配していた。  
    あるブロガーさんは それを覚えていて
            容量対策のテクニックを教えて頂いた。
   
         また あるブロガーさんはそれを予感して 新たなブログを立ちあげた。
 
    どれぐらいの寿命が残っているのかは分からないが
    気持ちの準備が無いまま 急に寿命が来てしまうのも悲しい。
   
    それなら 切りの良い 今年最後の日、1700記事目を最後に
  
 
 
③ 自分の時間を大切にしたい。    
   今日に至るまで 毎日アップを守ってきた。 
    忙しい時には それが負担になることもあり、 
    満足が出来ない記事になってしまった事も。
 
    記事に満足が出来なくなったなら このブログは辞めようと思っていた。
    そして ブログ主体では無く もう少し人生を 
           まともに過ごしていきたいとも思っていた。     
 
       
  
更新を ストップしてしまうと言うのは 前から考えていたが  
それが この日になるとは 今朝決めた事。
  
誰も知らない事で 突然だから びっくりしたと思う。  
もっとも この記事を見る事が出来ない人は 明日の更新を待っているのかも。
 
  
最後に GBにて 以下の事を 教えて頂ければ嬉しいと 思います。 
【GBへは カギ付きでお願いします】
  
   A  どんな記事が 記憶に残っているか?
  
   B  書庫目次は 参考になったのだろうか?
  
   C  その他何かあれば  
 
 
交流していただいた皆さん お付き合い頂き ありがとうございました。 
皆さんから頂いたコメに元気を頂き 辛い時も乗り越える事ができました。 
 
お陰さまで とても楽しい ブログライフでした。 
みなさんも 楽しいブログを続けられるよう祈っています。
  
オヤシュ
 
 
 
 
 
 
 
  
 
さて、
 
  
 
 
 
起きたら 皆さんの意見を参考に  明日 新ブログを立ち上げる予定。  
 
 今度は のんびりブログ。 
でも基本的な事は 変わりません。 
どこかで見かけたり お邪魔した時には 知らないフリをしないで 
かまってやってください。
                                                 
 
 
     ※ 挿絵は このブログで一番最初にお付き合いが始まった
                       楓さんからお借りしたもの
 

広告