さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

札幌市 喫茶店 がま記念館 / カエル嫌いには絶対に勧めない

変わった名前の食べ物屋さんまつり最後。
 

がま記念館

外観
前に言っていた カエルとはこの店(ブタは 数日後に)   
雨の降る中、JR手稲駅付近でバスを降り ドンキーホーテを過ぎて
びっくりドンキーを過ぎて(食べたい) 
そして… 
 
住宅街の中に入り迷いに迷って 着いたら店の裏側だった。  
  
表に回ってみた。


 
      
住宅の1階部分を 改装した店。 
玄関の扉が開いていたので 入ってみる。
 
一般住宅だから 当然靴を脱いで入る。 
これ1階の喫茶店への入口。 
 
  
入ってみると誰もいない。 
手前にテーブル席、奥に座敷席、
というより カエルの置物だらけの一般の家の雰囲気。
 
右側がカウンターで そちらに向かって 声をかけると 
「すいません、2階から家の人が降りて来たかと思って」と御主人。 

      
メニュー 
ビーフハヤシが人気らしいけど  
来る前から いかすみスパゲティに決めていた。
 
   
メニューを見ている間 
カエルの置物が入っているショーケースの 
照明をつけた後 BGMを付けてくれた。 
BGMは カエルの鳴き声(笑) 
  
そうこうしていると 奥さんが2階から 降りてきた。 
写真撮って良いよって 言われたから 今回は隠し撮りじゃない。 

  

  

     
配膳待ちの間 奥さんがいろいろと話してくれた。 
旭川の骨董品屋を通りかかった時に カエルの置物が見えて 
気になって寄ったのがきっかけで 
カエルの置物を譲り受ける事となったとの事。 
そこに寄らなかったら 普通の喫茶店としてやっていたらしい。 
 
  
他にも沢山の事を話してくれ、 途中で 
「あれ? 生きているカエル大丈夫?」って聞かれた。
 
カエルは平気だから「はい」って
返事した後に ちょっとビビってきた。 
焼き鳥「串鳥」で カエルの串を食べた事はある(普通だった)
 
でも 今回生き造り? 
すると 奥さんはこんなものを出してきた。   
   
お孫さんの学校で いろいろと研究したプリント。 
札幌近郊で カエルのいる場所を教えてくれた。
   
配膳 
 
奥さんがずーっと話しているから 食べるタイミングが難しい(笑)
失礼かもと思ったが話を聞きながら 食べる事にした。
   
魚卵が混じっていて 食感が楽しかった。 
後から 何かの実を出してくれて それをふりかけて食べたのも 
食感が変わって 美味しかった。 
   
サラダも美味しかった。 
   
そして 御主人から 
「コーヒーは嫌いなの?野菜ジュースにするのは珍しい」と
 
「野菜ジュース飲んでみたいな~って思っただけです。 
職場でもコーヒー飲んでいますよ」 と言うと
 
「ウチの珈琲、是非味わって行って」とサービス。 
  
 
長居をする人が多く コーヒーはポットで提供してくれるらしい。
店主も入って3人で市内の喫茶店の話や 奥さんの身内の飲食店の話
などして気が付くと 2時間近くも この店にいた。 
その2時間 BGMは もちろんカエルの鳴き声(笑)
   
記念にと 写真を写してくれた。 
テーブルで1枚、 そして外のカエルの前で1枚。
 
今度来た時に覚えているように 撮っているとの事。
 
   
帰りにこんな物も頂いた。 
この店は面白いから マスコミも取材に来ている。 
  
  
 
さて、明日は 
一部の方が 何かを感じているかもしれないが あの店をアップ。
誰かが きっと影響される(笑)
 
       お店情報    がま記念館
       住  所    手稲区前田10条19丁目9-18
      
  
 
 

広告