さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

フライフィッシンググッズ ラインバスケット / もっと早く導入すればよかった 

 

ルアーは重さがあるから竿を振ればリールから糸が出ていく。

フライは重さが無いからリールから糸を出すパワーが無い。 

それでラインは出しっぱなしにする。 

 

出しっぱなしのラインは水面に置いておき

キャスティング&手繰るを繰り返す。

こんなデメリットがある。

  • ラインが流されて石や草に引っかかる
  • ラインが沈んでしまうと飛距離に影響が出る。

 

ラインバスケット

そのデメリットをカバーするものとしてラインバスケットがある。

 

腰にぶら下げてラインをこの中に収納するもの。

 

バスケットの他にパレットと言うものもある。

 

ただいずれも高い 平均して15,000円ぐらいしてしまう。

このメッシュタイプやパレットは5,000円くらい。

高いから100円ショップグッズで自作している人をネット上で沢山見る。

 

自作するのは楽しそうだけど

センスが無いので購入する事にした。

 

K.bulletフラットウェーディングラインバスケット

この形では税込みで6,578円とかなりお得。

 

大きさ的には

  • 横   約40㎝
  • 縦   約25~30㎝
  • 深さ  約10~15㎝

 

ラインバスケットを携えて練習へ

前回練習の時は届かなかった。

www.ellelo.work

 

届いた週の週末、

多少風があるがどうしても試したくて豊平川に。

 

ラインバスケットは持っている中で一番大きいリュックに入った。

 

ロッドを置く溝がある。

 

シューティングして 手繰ったラインをこの中に入れていく。

突起があるから風でラインがこぼれる事もない。

 

そのまま地べたにラインを置かないから

草や石に引っかかる事が無い、ラインも痛まない。

これはもっと早く持っておくべきものだった。

 

飛距離もアップ?

どうせへなちょこキャストだから(笑) その効果は分からない。

でも実釣でもきっと活躍するはずだ。

 

広告