さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

北海道 朱鞠内湖の釣り 20220514AM / ミナガワ、ドラマは風と共にやってきた

コロナに終わる5月旅シリーズ

 

朱鞠内湖の釣り 20220514AM

船に乗った中に常連さん?が居て

スタッフの人と話していた。

「昼から風が吹くから 午後からの方が良いんだよな~」

www.ellelo.work

 

渡船、最初に寄ったポイントは

朱鞠内湖初挑戦にしてイトウの釣果があった葵島。

3名が下ろされた、その降りる際、その1人が

「おっ!!! ワカサギが見える、今日は貰った」と

www.ellelo.work

 

ミナガワ

次に寄ったのが 以前降ろされた事のあるミナガワ。

そこで名前が呼ばれた。降りるのは3人(自分以外はルアー)

後ろに座っていたので最後に降りる事に。 

 

先に降りた2人は左右別々に向かった。

選択肢は真ん中だけ、出遅れた感。

 

合わせてここ、以前降ろされた時の釣果はウグイのみ。

それ以外の魚からのコンタクトは皆無だったので良いイメージが無い。

www.ellelo.work

 

  • 風無し
  • 良いイメージが無いポイント
  • 出遅れた

最初から言い訳を書いてきたが… 結果は…

 

朝のうちは若干の風があったが 止んでしまった。

ワカサギもあまり居ない。

 6:15  初釣行でイトウが釣れた時間

 8:23  初釣行でサクラマスが釣れた時間

 9:57  渡船の波により2匹目のイトウが釣れた時間

やはり上記実績のあった時間は気にする。

しかし何も反応が無いまま時間が過ぎる。

左右に分かれた2人も釣れなくて左に行ったり右に行ったり。

やがて集中力が切れた。

 

食事を

MAX(5時~17時)のつもりだったが 午後に雨予報の為13時に戻る。

ただ好転すれば延長もありえるのでリュックの中はMAX対応のまま。

 

リュックの中身(釣り具以外)

  • バーナー・ケトル・鍋・カトラリー
  • coffee用(ドリップ用の金具・カップ)
  • 水・食材
  • ゴミ袋
  • レジャーシート(泥だらけだからシートが無いと寝ころべない)
  • スリッパ(トイレの時も役に立つ)
  • トイレットペーパー
  • モバイルバッテリー(渡船先でも電波はある)
  • 折りたたみ傘(木陰とか無い島なら雨が直撃なので)

  

釣れないから

スリッパに履き替えて食事だ。

 

朝食で焼肉(笑)

本当は士別市のコンビニでジンギスカンを仕入れたかったが

サイズ的に良いのがなくホルモンに。

 

鉄板はダイソーで仕入れてきた。

 

油も使ったが 使用後は焦げ焦げになった。

330円なら諦めがつく。

 

ホルモンで気力回復するも相変わらず反応は無い。

景色の写真しかない。

だから朝食数時間後の昼飯画像を。

 

バーナーで楽しめる食事って色々売っているが美味しくない。

旅行前にモンベルや無印良品も見たが惹かれず。

結局買ったのは近所のスーパー。

www.ellelo.work

www.ellelo.work

 

普通の食材だ。

パスタは折らなければならないのでペンネで。

 

全てぶっこんだから量が…

でもアウトドア用のより全然美味しい。

 

食べながら湖を見ていると

ワカサギを見た辺りにそれを追っている大きな波紋が。 

このポイントで感じた初めての大型魚の生体反応。 

 

気が付けば予想通り風が出てきている。

波打ち際も波でカクハンされ濁ってきている。

これって良い状況?

 

13時の船の迎えが来るまで1時間を切っている。

それだからか3人とも下船した付近に何の釣果が無いまま集まってきている。

そしてドラマはやってきた、竿が弓なりに

 

隣の兄さんの(笑)

聞くとアメマスだったと。

結局 魚×0匹 宴×2回(釣れていないから宴ではない)

 

風がかなり強くなってきて

迎えの船は予定の場所に停泊出来ない状態でかなり歩かされた。

突風が吹いて釣りにならなかったポイントもあったそうだ。

 

コロナに関して

濃厚接触      : 迎えの船はそれほど密ではなく問題なし  

体調        : 釣れなかったのもあり疲れMAX

             今思えば抵抗力はかなり落ちていたと思う

 

 

広告