さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

北海道 幌加内町 レークハウスしゅまりない / 最初が凄い部屋だっただけにドキドキ

コロナに終わる5月旅シリーズ

 

釣りから戻ってきた。

www.ellelo.work

 

船を降りた後、

朝に提出した渡船申込書が、渡ったポイントを記入されて戻ってくる。

本来ならそれを近くの宿のレークハウスに持って行き渡船代支払い。

www.ellelo.work

 

今回はそのレークハウスにお泊り

チェックイン手続きをし、渡船代はチェックアウト時の支払いにした。

www.ellelo.work

 

レークハウスしゅまりない

イトウ釣りのシーズンは人気があるからじゃらんの受付は停止する。

 

今回は3月頃に電話で予約した。

 

さて今回の部屋は?

ちなみに予約時に部屋の種別の選択は無い。

 

過去の部屋

最初がとんでもない部屋だっただけに鍵を貰うまでドキドキする。

www.ellelo.work

www.ellelo.work

www.ellelo.work

 

部屋

101号室だった。

左がハナレ側(湖側)の入り口、お風呂って書いてある裏に部屋がある。

2019年の部屋の近くだが今回は湖も見えるので出撃するには最適。

 

島に持って行ったリュックと

スーツケースを持ち込んだ。

 

ソファーにツインベット。

 

全室、風呂・トイレは共同だが

2食付いて9,000円未満なんてお得過ぎる。

 

 

レストランへ

2階に上り 

渡り廊下の先のレストランへ。

 

 

ランチを楽しんでいる人が居た。

 

食べた事は無いが

週末だけランチをやっているのだ。

 

目的は宿泊者無料の珈琲。

 

珈琲を飲んだ後、バーを撮ってみる。

 

酒瓶も撮った。

   ※ 久々に画像に写り込んでみた(笑)

 

酒に関するものを撮ると

こうなってしまうのは必然。

 

その後、給湯室で使った鍋やカトラリーを洗っていると

道外から来た釣り人に話しかけられた。

お互い釣果は無かったが 色々な情報交換をして楽しかった。

そして部屋に戻って2時間半ほど仮眠。

 

コロナに関する事 

 濃厚接触 ① チェックイン時はアクリル板?ビニール?

        で隔てられていたので無問題。

      ② レストランでのオーダー時も配膳時も

        濃厚接触には当たらない

      ③ 釣り人の会話、相手はマスクをしていたが

        食器洗いをしてすぐ部屋に戻るつもりだったので

        ノーマスク、申し訳ない事をした。

        この旅一番の濃厚接触だったかも。

体調      釣りの直後で疲労度MAXだったがビールで復活。

        でもなんとなくフワフワ感を自覚。

広告