さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

北海道 平取町 匠の道 / 今回はプライベートで訪問

43210道東シリーズ

    

平取町 二風谷

以前はツアーで訪問
旅行会社のモニターツアーで初めて 平取の二風谷に来た。 

www.ellelo.work

 

今度はプライベートで来ると伝えていた
 その時に ツアーで話した工芸家の方に
「今度はプライベートで来ますからね」と伝えた。
    
男に二言はない。 
って言うか ELLの場合 「来て来て~」って状態だと動かない。
 むしろ「口ばかりで絶対来ないよね~」って言われると動いてしまう。
 そんな天邪鬼な人って居るよね?  
 ※ 「ELLさんってアンコを絶対食べないよね~」って書くの禁止(笑) 

 

匠の道

「プライベートで来る」と言った事を覚えていないだろうが 
ELL自身のプライドもあり 再び二風谷に来たのだ。 
工芸家が集まる 匠の道へ。
 
二風谷アイヌ資料館
まずは坂の上にあるここへ。 
ここは工芸家は居ないが 興味があった。
前回は時間がなく来れなかったのだ。 
   
 
この看板を見たかった。
 「あなたの家から ここまで来るのに10万円 入館料は400円」 

f:id:ellelo:20200318011332j:plain

 
400円を払わずに車上から撮影し あの店へ。 
 
つとむ民芸
あれ? 鍵が開いていない。 
ラーメン丼を前に爆睡している店主が。 
満腹後に寝てしまったと思われる(笑) 
「今日閉店ですか? 鍵かかってる」
と言うと ボケボケな顔して 鍵を開けてくれた。 
    
案の定 2月に来たELLを覚えていなかった。  
 
   
店主が寝ていたのは理由があった。 
   
腕には痛々しいバンテージが。 
「医者に1ヶ月は動かすなって言われている」 と。 
腱鞘炎? 作品を作る方にとっては致命的だろう。  
そして さらに追い打ち。 
    
「急に花粉症になっちゃって」 と とても辛そうだった。 
釣りの話などもして もう少し話したかったが 
色々と辛そうだったので 店を後にした。 
 
   
そして今度はこの店へ。  
 
北の工房つとむ
 
 店に入って何を買おうか迷っていると 
まず奥さんが出てきて 「それ手作りなんですよ~」 と  
やっぱり覚えていない様子。  
 
 で 話をすると 思い出してくれた。 
「どうぞ~」 と工房の方へ。 
 
 店主は作業中。
 そして「ゆからに行ってきた」と報告(笑) 
奥さんにチプサンケを紹介していただいた。  
 来ればいいしょ~ 
みんなお酒飲んで その辺りのチセに泊まる人も居るんだよ~」
 と 朗らかに話す奥さん。   とても 可愛い人だ。 
   
先に「自分のプライドの為に来た」と書いたが 
二風谷の優しい方々に癒されに来たんだと思う。 
 
 

広告