さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

波乱の6月旅 ⑨ 1か月前から予定していた優雅な食事

実は湖の釣りって そんなに好きではない。

川の流れを攻略して行く方が好み。






でも 湖用のシステムを持っているので それを使った釣りをしてみたい。

昨年の支笏湖で惨敗、 5月の朱鞠内湖でも惨敗。

ベストシーズンの阿寒湖なら…






そしてバーナー

バーナーを買う時 すでに 「阿寒湖でバーナー」も 頭にあった。

ちなみに この日は忘れ物は無い、

湖畔での優雅な食事に準備万端!!






まずは渡船の申込み。

状況を聞いてみると 「どこもそんなに変わらない」

その答えを聞いて凄く不安になったが 実績のある昨年と同じ場所を希望。






船の出る時間までに準備を終え 湖畔をウロウロ。

今日はなかなか風が強い…


 




誰も来ない。

「誰も来ないから出ますか?」 と聞かれる。






すると渡船開始時間の5時を過ぎたごろに地元釧路ナンバーがゾロゾロと。

でも  「皆さん違う方面なので 1人だけ乗せていきます」 と






無人島で1人、釣りをしていた時の画像が無かった。

風が強く上手くキャスティング出来ない、 水中の何かにフライが引っかかりまくる。

何もかも上手くいかなく撮影まで余裕が無かったんだろう。 







今思えば 地元ナンバーの人達が逆の方面に行ったのは 風の当たらない場所に向かったんだと思う。

結局 2時間30分やって 生体反応なし。

諦めて 下船した場所に置いたリュックの元に向かう、 バーナータイムだ。






え?





ブログ用の為 ある程度まとめたけど 発見した時は悲惨なほど散らばっていた。








陸続きのポイントだとキツネに荒らされる時もあると聞いたがここは島。

無人島に降りたのは ELL1人。

周りを見渡しても犯人は見つからなかったが 上を見上げるとカラスが…






バナーは無事だった。







しかし… 食べ物はしっかりと…









コーヒーは無事な物もあったから コーヒータイムぐらいは出来たけど

カラスに突っつかれた物を 洗わずに使うのもどうかと思って そのままリュックへ。






阿寒湖 何も良い事が無く 電話して迎えに来て貰った。





阿寒湖のセブンイレブンで コーヒーと 皆のシュー 第3弾を。

第3弾の味はシークレットだったけど 普通過ぎてちょっと残念。







さて阿寒湖の次は 車で約10分。

阿寒川だ。   釣り始めて5分、ガツンっ!!!!!!






この日は夕方まで 阿寒川でガンバった。

阿寒川だけで 1記事にまとめる為に 先にランチ記事を。




広告