さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

札幌市 カレー スリランカ狂我国 / 札幌スープカレーの元祖のひとつ

先日 今や北海道のみならず 道外でも ある分野で有名な方に挨拶するために
ある場所に顔を出した。 
その方のブログに リアルELLの事が 少し書かれていた。 
けっこう 嬉しいものだ。 (その記事は後日)
     
さて本題。
 

スパイスビーチ 最終刊の発行

 これは 札幌を中心としたカレーを紹介する フリーペーパー「スパイスビーチ」。
 札幌スープカレーの仕掛人玉木氏の経営する会社が 毎月発行していた。
 スープカレーのお店を探すのに お世話になった人も多いだろう。
 この33号が 最後の発刊となり今後の情報はHPでの紹介となるらしい。 

     
ELLは これを 札幌スープカレーの歴史の区切りの ひとつだと考える。
 少し前まで ブームに乗り色々な店の出店があった。 しかし ずいぶん淘汰された。
 
そして 今では 新規出店ペースも落ち着き  残っている店は 好みこそあるが
そこそこ美味しい所が多い。
 
スープカレーは ブームが去って 「定着」と言う所まで 
たどり着いたのではないだろうか? 
とは言え スープカレー未経験者は 札幌でも沢山いる。
 
 あれ? 今日のELL、昨日はなみさんがコメしてくれた様に
正統派グルメブログっぽくない? ちょっと カッコいいかも。
      
 
さて 本題
 
 

スリランカ狂我国 

札幌でのスープカレーの元祖と言われる中のひとつ スリランカ狂我国。 
ここのDNAを引き継ぐ アジアンスパイス(中の島・もう閉店?)
には良く行っていたが ここは初の訪問。 
    
この店名が凶暴な辛さをイメージさせ、 歴史のありそうな店の外観から 
敷居の高さを感じていた。 
 
 
   
中に入ると いきなり地下へ。(ボケた) 
   
店内
入ってみると 全然普通の雰囲気。 
もっと マニアっぽいような 宗教臭のあるような空間だと思っていた。 
     
メニュー
(写っている所 ちょっとダブっている) 
きのこだらけだ(笑) 
きのこ回避で チキン&ベジタブルに。
 
 

   
辛さは40番にしてみた。 
 
    
これ読んだ。 
店内が 少し暗くて 写りが悪い。 

  
配膳
ライス配膳。 

    
そして ルー配膳。 
    
どシンプル。 
サラサラのスープ。 

  
   
もの凄く辛い物を食べた時 水をのんでも ご飯を食べても
 舌の感覚が戻らない事がある。
 
でも これは一瞬辛さを感じるだけで 後には残らない。 
もっと辛くて良かった。         
 
       お店情報   スリランカ狂我国
        住  所   中央区大通西15丁目

広告