さっぽろ発 9割がグルメ記事

札幌在住 北海道の食・釣・遊(ヤフーブログから過去記事移行中)

mont-bell ネオプレン アングラー パームグローブ / スンゴイ使いやすい釣り用手袋

 

シーズンオフ

2020年の釣りは

イトウが釣れてくれた年と言うのは その年の釣りは充実する気がする。

 

 2017年

イトウ初挑戦にして初釣果、その年はこんな良い事があった。

  • 初めてのサクラマス(イトウを釣った日)
  • 何年か挑戦していた阿寒湖で初釣果
  • 初めてのホウライマス 

www.ellelo.work

 

2020年は

45㎝程と小さいが3年ぶりのイトウ釣果、この年は…

  • 忠別川、渚滑川で好釣果
  • 初めてのヒメマスを2匹

www.ellelo.work

  

最後の釣りは千歳川、この時も大満足の釣り。 

www.ellelo.work

 

フィッシングベストの整理

最後の千歳川の釣りの後、色々入っている物を全て出して洗濯。

f:id:ellelo:20210308204916j:plain

f:id:ellelo:20210308210600j:plain

 

右下の黒いものには 釣り場で外したフライを入れている。

f:id:ellelo:20210308210635j:plain

 

カッターでマテリアルを取り 再利用する事もあり。

f:id:ellelo:20210308210727j:plain

 

2021年の釣りの準備

マテリアル購入

昨年買ったスイッチロッド それを使う様な釣りを増やしたい。 

www.ellelo.work

 

その為引っ張り系のフライを作る為のマテリアルの用意を。

f:id:ellelo:20210308210937j:plain

 

2,200円ともの凄くお得。普通にこれだけ買うとすれば万越えするだろう。

ただ全く手を付けていない。

f:id:ellelo:20210308211738j:plain

 

そして本記事の主役。 

 

mont-bell ネオプレン アングラー パームグローブ

以前 気に入って使っていた。

しかし店頭にも ホームページにも無くなってしまった。 

f:id:ellelo:20210308214431j:plain

  

ボロボロになったのでモンベルの別のフィッシンググローブを購入。

でもやはり パームグローブの使いやすさには及ばない。

      ※ それを買った時の記事。

www.ellelo.work

 

それでメルカリで発見・調達するも 今は出品自体が無い。

f:id:ellelo:20210308212211p:plain

 

先日、何気なくモンベルに行ってみると復活していた。

カラーもブラックになり 裁断も少し改良されている様子。

まずはパームグローブの長所を。

f:id:ellelo:20210308213110j:plain

  

指の制約が無いのが良い 

普通のフィッシンググローブは 指部分をカットしているタイプでも

5本に分かれているので動きに制約もあるし手袋の着脱にも苦労する。

f:id:ellelo:20210308220104j:plain

 

パームグローブは指ごとに分かれていないのでストレスフリー

f:id:ellelo:20210308221123j:plain

 

ネオプレンの素材感が良い

少し前まで使っていたシャーミスと言うフリース素材のもの。

モコモコ感がルックス的にイマイチ。

f:id:ellelo:20210308223459j:plain


このパームグローブは ネオプレン製。

スッキリしているし、水切れも良い様な気がする。 

f:id:ellelo:20210308213202j:plain

 

クッション性が良い  

前のは手のひら部分に皮が縫い付けられているが

急な下り坂で 木の幹に手をつけて全体重をかけると痛い事があった。

f:id:ellelo:20210308220032j:plain

 

パームグローブは手のひら全体がクッション性がある造り。

転んで石に手をつく事があってもケガをしないかもしれない。

f:id:ellelo:20210308224037j:plain

 

さてお気に入りのアイテムを手に入れての 2021年の釣り

その年の釣果を占う位置づけである朱鞠内湖のイトウ 今年は行かないかも。

いずれ 今年の釣りの計画をアップしようかと。

f:id:ellelo:20210309183439j:plain

 

広告